やっぱりお水の世界が好き。


人間関係がうまくいかず

大学を卒業してから就職したものの、人間関係がうまくいかずに半年で退社してしまいました。自分の人間関係に対するスキルの無さを改善したいと思ったので、新しい職場を見つける前にキャバクラでバイトをしたいと考えるようになりました。キャバクラで勤めたことがある友人は、初対面の人でも昔から仲良かったように話すことができて、友達が驚くほど多いので、そのフレンドリーな性格をうらやましいと感じていました。友人はキャバクラには色んなお客さんが来るから話術が鍛えられると話していたので、自分も明るく誰とでも仲良く話せるようになりたいと思いました。そこで求人雑誌でキャバクラの店員を募集していたので、問合せをしてみることにしました。キャバ嬢として働きたかったのですが、無理なら歌からで料理や飲料を作る仕事でもいいと思ったからです。面接を受けたところ、キャバ嬢としても十分にやっていけると励まされたので、それからはキャバ嬢として働いています。指名してくれるお客さんもいて、話すスキルが少し向上したように感じています。